人気のある住宅には訳がある|不動産をきちんとリサーチしよう

シンガポールの人気移住地

男性

ジョホールで不動産が人気の理由は、シンガポール中心地に近くアクセス良好であること、各種施設が整備されており、生活環境が最高であることです。新築不動産物件は、基本的に購入者が内装工事をすることになります。高いレベルの内装工事を手がける日系企業もありますから、購入時はぜひ相談することがおすすめです。

More Detail

相談がカギとなる

部屋

人生において不動産は大きな買い物なので、予算やローンについて考えなくてはいけません。呉市で不動産を購入する時には、即決するのではなく、専門家などに相談しながら決めていくようにしましょう。そうすれば理想の家造りが出来るようになります。

More Detail

注目度上昇中の街

室内

21世紀以降も発展が続く

三郷は埼玉県の南東部に位置する市で、東部で千葉県と、南部で東京都とそれぞれ境を接しています。都心部まで15〜20km圏内にあることから、高度成長期にベッドタウン化が進みました。そして2000年代に入ってからは大規模な再開発によって利便性がさらに向上し、不動産市場においても注目のエリアとなっています。三郷における2016年の平均地価は1平方メートル当たり約11万5千円で、前年に比べて0.5%あまりの下落となっています。2009年以降は毎年3〜4%ずつ下落していましたが、近年は価格が安定しつつあります。三郷の市域は南北に細長く、古くからの住宅地である南部、生活利便性の高い中央部、急速に開発が進む北部という、地域ごとの特徴があります。不動産購入を考える際は、この点を考慮に入れておくと効率的に物件探しを行うことができます。

交通アクセスがさらに良化

三郷における住居用不動産の人気が最も高いのは、中央エリアです。このエリアは比較的まとまった市街地を持ち、市役所や警察署も立地する市の中核部とも言える場所です。加えて、2005年に都心へ直結する新都市鉄道の駅が設けられたことにより、不動産需要がさらに増加することとなりました。大型新築マンションの建設も相次いでいます。一方、南部エリアは地理的な東京への近さから早い時期に開発が進んだ、一戸建て中心の住宅地です。鉄道駅はありませんが、最南部は隣接エリアに立地する駅への徒歩圏となっています。2000年代の後半から始まった大規模再開発により、典型的なニュータウンの様相を呈しているのが北部エリアです。高層マンションを含む集合住宅群の他、大型商業施設が相次いで進出するなど、街の表情は大きく更新されています。

売る前に査定をする

マンション

マンションを持っているなら高く売りたい人は多く、どのようにして高く売るかと言えば一括査定サービスなどを利用することが一般的です。一括査定ならさまざまな会社の相場を知ることができるため、不動産会社を選びやすいのです。

More Detail